探究心を育む、新しい学童保育 アフタースクールワイズ

ホーム >  ワイズブログ

アフタースクールワイズ入会説明会について

現在、緊急事態宣言に伴う休校措置を5月31日まで延長しております。

そのため、入会説明会に関しましても、一部のスクールを除き、6月以降緊急事態宣言が解除され、アフタースクールワイズの運営が通常通りに戻った後、開催させていただきたく存じます。

また、具体的な入会説明会の開催日程は、ホームページの各スクールページにてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

なお、6月の説明会をご希望の場合は日程が決まり次第優先的にご案内させていただきますので、その旨備考欄にご記入の上お申し込みをお願いいたします。

クリエイティブな子どもたち

こんにちは。
今回は、ワイズ鹿島田1号館の様子をご紹介します。

最近のワイズ鹿島田1号館では「クリエイティブ」な遊びが流行っています。
段ボールや折り紙などで道具のようなものを作ったり、数枚の紙を重ねて自作の本を書いたりしている子もいます。

それぞれの作るものは多種多様ですが、よく見ていると共通点が見えてきます。
それは、「作ったもので遊ぶ」ということです。
そういった意味では、子どもたちは“物を作っている”というより“遊びを創っている”のかもしれませんね!
創造力豊かな子どもたちの姿に、いつも感心させられます!

 

既製のおもちゃを使って、「クリエイティブ」な遊びをしている子たちもいます。

下の写真は、ジェンガと立方体のブロックを使って遊んでいるところなのですが、1人の子が考えたオリジナルのルールで、違う小学校のお友達も一緒になって、みんなで遊んでいます。
ルールを考えるのも素晴らしいことだと思いますが、それを皆で共有して楽しむことができるのも素敵なことだと思いませんか?

 

ワイズでは教育コンセプトに“子どもたちに身につけて欲しい力”を3つ掲げています。

そのうちの1つが「自立・自律」であり、この力を育てる環境として「多様性のあるコミュニティ」が必要であると考えています。

今回ご紹介したクリエイティブな遊びには、実はワイズの理念が反映されているのです。
多様性のあるコミュニティの中で理解し、認め合っているからこそ、一人が考えたルールを一緒に楽しんで遊べるのだと思います。
他者への理解が「自立・自律」に繋がっているとも考えているのです。

そして、楽しく遊んだ後は、使った道具やおもちゃはチューターが声をかけなくても自ら片づけをしてくれる子どもたち。
これも「自立・自律」ですね!

 

これからも創造力豊かな子どもたちからどんな作品や遊びが生まれるのか、とても楽しみです♪

スクール紹介(春日)

こんにちは。
今回のブログでは、ワイズ春日をご紹介します。

 

ワイズ春日は2013年の8月にオープンした、ワイズ1号店です!
春日駅と文京区シビックセンターの目と鼻の先にある、保護者さまのお迎えにも便利な立地です。
近年は本郷、誠之小学校のお子さまの在籍比率が高く、湯島、指ヶ谷、金富、礫川小学校や国立、私立小学校のお子さまにもご利用いただいております。

 

施設内はお預かりスペースのほか、探究クラス学習用の部屋が全部で3つあります。
保護者さまからは「広くてのびのび過ごせますね」とご好評いただいております♪

 

毎月、ひみつのおやつデイ、レクリエーションデイ、お誕生日会を設けており、みんなとても楽しみにしています!

 

探究クラスは、Z会通信教育スタディサポートや、アート&クラフトなど、ワイズでご案内しているすべての探究クラスをご受講いただくことができます。

ぜひ一度、ワイズ春日に足を運んでみてくださいね!

探究キャンプ(スキーキャンプ)

2020年1月11日(土)・12日(日)に、1泊2日で『2020ウィンター/スキーキャンプ』に行ってきました!

今回はホテルの目の前にゲレンデがある「塩沢スキー場」でスキーレッスンを行いました。
雪不足が心配されましたが、無事にスキーレッスンを行うことができました!

 

【1日目】

新幹線
東京駅から上越新幹線に乗り、越後湯沢へ向かいました。
窓から外の景色を見たり、お友達とお話をしながらおやつを食べたり・・・
あっという間の1時間半でした。

 

スキーレッスン
レベル別のスキーレッスンを行いました。
初めての子は板の持ち方やブーツの履き方から丁寧に教わりました。
その後は平地でカニ歩きやハの字の練習を行いました。

スキー経験のある子は早速リフトに乗って山の中腹へ向かい、上手なブレーキのかけ方やターンの仕方を教わりました。

 

雪遊び
ホテル前のゲレンデで、雪だるま作りや雪合戦などの雪遊びを行いました。
チューターも一緒になって身体を動かし、キャンプの楽しい思い出を作りました。
みんなとても楽しそうに過ごしており、とても盛り上がりました。

 

夕食・お部屋
新潟県産のコシヒカリをお腹いっぱい食べました!
お友達と一緒に食べるご飯はよりおいしかったです♪
夕食の後はお部屋に戻り、自分たちでお布団を敷いて、就寝前の楽しいおしゃべりタイムを過ごしました。

 

【2日目】
スキーレッスン・バッジテスト
全グループが山の中腹へ向かい、滑走練習をしました。
レッスンも2日目になると、身体もだいぶ慣れてくるようで
転んでも楽しい!うまくなりたい!と前向きな姿勢で取り組んでいました。
バッジテスト中はお友達同士「がんばれ~!」「ブレーキ!!」「やった~!」など応援する声がたくさんでていました!

 

昼食
スキーキャンプ最後のご飯は、みんなの大好物カレーでした!
「スキーレッスンを頑張ったので、いつもより食べられそう!」とたくさんおかわりをしていました。

 

次回のキャンプ・トリップ編では、
2月11日(火・祝)実施予定の『アクアリウムアスレチックトリップ』と、
2月24日(月・祝)実施予定の『お仕事体験トリップ』の様子をご紹介します。

お楽しみに!!

 

スクール紹介(武蔵新城)

こんにちは。
今回はワイズ武蔵新城の様子をご紹介します。

ワイズ武蔵新城のお預かりルームでは、男の子も女の子も「パズル系」の遊びに熱中している子を多く見かけます。
ルービックキューブやオセロなど、おなじみのゲームはもちろん、新しいゲームを楽しんでいる子もいます。

 

パズル系のゲームは、そのルールを理解すること自体が既に能力を高めることに繋がっており、ゲームの実践を通して、論理的思考も高められます。

ワイズ武蔵新城の子どもたちは、遊びながら、そして楽しく、日々成長していますね♪
中には、チューターに挑戦する子もいます。
さて、勝負の行方は・・・!?

 

そして、ワイズ武蔵新城の目玉と言えば、何といっても「そろタッチ」です!
そろタッチは、そろばんの仕組みをiPadで応用した“新しい暗算学習法”です。
短期効率的に一生の財産となる“イメージ暗算”が身につくので、どのスクールでも人気の講座となっています。
(そろタッチにご興味がある方はぜひこちらもご覧ください!)

 

ワイズ武蔵新城で「そろタッチ」を受講している子どもの数は特に多く、20人以上が一斉に、そして一心不乱に暗算学習に取り組む姿は圧巻です!

 

ただ人数が多いだけではなく、みんなが真剣に取り組んでいることに感心します。
真剣に取り組んでいるからこそ、成績やランキングに一喜一憂します。
こんな経験ができるのも、ワイズ武蔵新城ならではです。

 

これからも、子どもたちが楽しく充実した自由時間を過ごしたり、集中して探究クラスに取り組めるよう、スタッフ一同、サポートしていきます。
ぜひ、お気軽にワイズ武蔵新城に足をお運びください!

探究キャンプ(星空キャンプ )

2019年12月26日(木)・27日(金)に、1泊2日で『2019ウィンター/星空キャンプ』に行ってきました!

 

【1日目】

ホンダコレクションホール
クラシックカーやレース用のバイク、エンジンなど、ホンダの想いがつまったたくさんの展示を見学しました。
展示の解説を読みながら解くクイズラリーを行い、「技術」「想い」「歴史」などを学ぶことができました。

 

ピット工房体験(希望制)
電動モーターで走る乗り物を本物の工具を使って組み立てながら、クルマの構造を学びました。
一度走行した後、ピットでタイヤとサスペンションを交換してもう一度走行し、パーツを交換することで、乗り心地やスピードがどう変わるのか。実際に体感することができました。

 

サイエンスクラフト
紙コップと虫ピンを使ったクラフトでプラネタリウムを作りました。
星座早見盤を見ながら、お気に入りの星座を描き、星の大きさや位置に注意して、真剣に取り組むことができました。

 

星空クイズ大会
「星の色はすべて同じでしょうか?」「星座とはなんでしょうか?」など、星空に関するクイズを行いました。
バスの中で行ったレクチャーをしっかりと聞いてくれたようで正答率は高く、なぜその答えなのかの理由もよく覚えていました。

 

 

【2日目】
2日目は「ツインリンクもてぎ」で終日グループ行動をしました。
※体験希望のアトラクションはグループで話し合い決定してるため、以下で紹介するアトラクションを体験していない場合もあります。

 

森感覚アスレチック DOKIDOKI
体力が必要な『クライムゾーン』と、勇気が必要な『空中ゾーン』を越えて、木のてっぺんを目指す「木登り型アスレチック」です。
コースを選んで進む場面では難易度の高いチャレンジコースに挑戦したい子が多く、お友達同士助け合い、ゴールを目指しました。

 

迷宮森殿 ITADAKI
14か所のスタンプラリーと2か所のクイズポイントを制覇して、ゴールを目指す「巨大迷路」です。
みんなリアルな生き物のオブジェにビックリしながらも、積極的にグループで相談し、前に進むことができていました。

 

巨大ネットの森 SUMIKA
屋内にネットが張りめぐらされた巨大ネットアスレチックです。
みんな小動物になりきり、捕食動物であるオオタカやヘビに捕まらないように気をつけながら「トランポリン」や「ツリーネット」「ブランコ」を楽しみました。

 

モーターサイクルトレーニング
アクセル・ブレーキのハンドル操作を学び、バイクの乗り方を覚え、ライセンスを取得するバイクライドアトラクションです。
ライセンス取得後は長距離運転や自分の限界に挑み最速タイムにチャレンジしました。

 

 

次回は1月11日(土)・12日(日)に、1泊2日で行った【スキーキャンプ】の様子をご紹介します。

お楽しみに!!

小学校入学準備「プレップ講座」のご紹介

あけましておめでとうございます。
みなさんはどんなお正月を過ごされましたか?
「おじいちゃん、おばあちゃんの家に行ったんだ!」「お年玉をたくさんもらったよ!」・・・
ワイズの子どもたちからも、お正月の楽しい思い出話がたくさん聞こえてきます♪

 

本年も、お子さまの放課後の時間が有意義なものとなるよう、スタッフ一同全力でサポートさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

今回のブログでは、小学校に入学前の年長プレ会員さま向けに開講している入学準備講座「プレップ講座」について、ワイズ鹿島田での様子をご紹介します。

 

スクールに着くと、はじめに、手洗い・うがいをします。
最近では、チューターが声を掛ける前に自ら手洗い場に行き、自主的に手を洗っている頼もしい姿も見られるようになりました!
自立心・自律心を育むのも、ワイズの特徴の一つです。
講座が始まるまでは、好きなことをして過ごします。
本を読んだり、塗り絵をしたり、中には小学生のお兄さん、お姉さんと一緒になって遊ぶ子もいます。
1年生も後輩ができて、なんだか嬉しそうです♪

 

プレップ講座は、単にワイズに慣れるためだけの講座ではありません。
“探究心”を育むクラスにも参加できるのが、ワイズの入学準備講座の特徴でもあります。
ワイズ鹿島田では、『かきかた』講座と『そろタッチ』にご参加いただくことができます。

 

まずは『かきかた』講座です!
今回は、いろいろな挨拶を書いてみます。
プリントを見ながら、それぞれの挨拶を確認していきます。

「“おはよう”はいつ言う挨拶かな?朝かな?夜かな?」
「あさ!」
「朝、何をする時に言いますか?」
「おきたとき!」
「“行ってきます”はどんな時に言うのかな?」
「そとにでるとき!」
「“ただいま”は…」
「かえってきたとき!」

 

質問の先を読んで、元気な答えが返ってきました。
ただ“書く”だけではなく、言葉の意味も楽しく学んでいきます。
説明が終わった後は、早速書く練習です!
手本を見ながら、マス目に丁寧に書いていく子どもたち。
上手く書けなかったら、アドバイスを聞いて書き直します。
頑張って全部書くことができたら大きな花マルがもらえます。
「やったぁー!」と、とても嬉しそうな笑顔を見せてくれました。

 

『かきかた』講座が終わったら、次は『そろタッチ』です。
そろタッチは、そろばんの仕組みをiPadで応用した、新しい暗算学習法です。
初めは、“まね”することから始めます。
数字の1や2などを、iPad上のそろばんでどのように表すかを知ります。
画面に表示される影のような手の動きを真似することで、数字の表し方を覚えていきます。

 

慣れてきたら、リズムに合わせて数字を押したり、時間制限の中で早押しに挑戦したり、色々なミッションをクリアしていきます。
この日、どんどんクリアできた子は、たし算や九九にも挑戦していました!

 

入学前から楽しく学び、成長できるワイズのプレップ講座。
お子さまが4月から自信をもって小学校生活をスタートできるよう、サポートさせていただきます。
みなさまのご参加を心からお待ちしております!

つくって遊ぼう!

こんにちは。
今回はワイズ東京スカイツリータウンの様子をご紹介します。

最近、ワイズ東京スカイツリータウンの子どもたちの間で流行っている遊びは、空きダンボールや割りばしを使った工作、ペーパークラフト、レゴブロックなど。

みんな、何かを”つくる”ことが好きなようで、毎日子どもたちのオリジナル作品がたくさん生まれています。

こちらはペーパークラフト。
型紙を切ったり貼ったり折ったりして、動物や乗り物を作る遊びです。
大人でも、難しい…と感じることがあるのですが、1年生でも、自力で作品を作っている子がたくさんいます!

 

こちらの2人は、ダンボールでお家を製作中!
創作意欲たっぷりの子どもたちです♪

 


さて最後に、この写真、何か後ろに写っているのにお気づきでしょうか…?
そう!クリスマスツリー!
壁にも、クリスマスの飾りが。

ワイズ東京スカイツリータウンでは、スカイツリーに負けない迫力の、2メートルある巨大クリスマスツリーを飾っています♪
飾り付けは子どもたちが手伝ってくれました。

みなさんも素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪

探究クラス(ロボットアカデミー)

こんにちは!
今回は探究クラス「ロボットアカデミー」をご紹介します。

このクラスのねらいは、ロボット製作での試行錯誤を通じて、課題を発見する力や解決する力を身につけることです。
一つ一つの工程を自ら考えながら行うことで、創造力や論理的思考力を育みます。

 

クラスが始まると、まずは今日の計画を読みます。
この日は「ロボアカ重工」という企業の「技術者」になって、問題に取り組みます。
どうやら、会社で作った「エレベーター」に問題があると、現場で話が出ているようです。

そこで、技術者として設計図をもとにエレベーターを作成し、何が問題なのかを発見し、その課題解決を目指します。

 

今日の課題を確認したら、レゴを用いて実際に「エレベーター」を作ってみます。
設計図を見ながら、ブロックを一つ一つ組み上げていきます。
今回は、エレベーターを引き上げる部品としてヒモも使うようです。

上手く結べるかな?

 

レゴを組み立てたら終わり、という訳ではありません。ここで登場するのがiPadです!
エレベーターを動かすプログラミングも設定します。
指定されたコマンドを探し、それをタッチするとどうなるのでしょうか・・・・?

 

さて、いよいよ動作確認です。
iPad上でコマンドにタッチすると、エレベーターが動き出します。
最初は正常に動いていますが、そのままにしておくと問題点が明らかになってきます。

「あー、そうかぁー」と気付く子どもたち。
変な動きを繰り返し観察していると、何が原因なのかが分かってきます。
構造上の問題なのか、それともプログラムの問題なのか。

いよいよ技術者としての腕の見せ所です!

 

最後に、今回の問題を解決できるように作ったロボットを改造します。
エレベーターの構造を組み直したり、iPad上の他のコマンドも用いてプログラムを追加したり、色々試してみます。

正常に動くようになったエレベーターを満足そうに見つめる子どもたち。
早く終わった子は、更なる改造を楽しむこともできます。

今回は、ヘリコプターにエレベーターを実装して「救助ヘリ」を作ってくれた子もいました。
そんなクリエイティブな楽しみも、レゴを使ったクラスならではの醍醐味です!

 

このように、ワイズのロボットアカデミーでは「PDCAサイクル」により、創造力・論理的思考力・問題解決力を養成しています。

また、レゴを使用することによって、表現力も高められると考えています。

成長の機会となる探究クラスは、今回ご紹介したロボットアカデミーの他にもありますので、興味のある方はお近くのスクールにぜひお問い合わせください!

 

スクール紹介(三島)

こんにちは!
今回はアフタースクールワイズ三島をご紹介します。

ワイズ三島は2018年10月よりお預かりを開始した、ワイズの中では新しいスクールで、三島駅北口から徒歩1分の立地です。

「アフタースクールワイズ」の他に、「アイ・シー・イー幼児教室」と、全日制幼児園「ICEモンテッソーリこどものいえ」を併設しています。
未就学児から小学生まで、毎日多くの子どもたちでにぎわっています。

 

最近では、もうすぐクリスマスということで、みんなでクリスマスの飾りつけをしました。
リース作りではとても細かい作業も丁寧にできていて、私たちチューターも驚きました!
ツリーの飾りつけでは自分たちで役割分担をして楽しく取り組めました♪

 

探究クラスでは「暗算教室そろタッチ」、「子ども英語教室レプトン」、「ロボットアカデミー」が大人気です。

そろタッチでは、おうちでも毎日取り組み、常にランキング上位に入っている子もいて、周りのお友だちの刺激になっています!!

 

学びも遊びも全力で楽しむ子どもたちがたくさんのワイズ三島です♪
ぜひ一度、足を運んでみてくださいね!