探究心を育む、新しい学童保育 アフタースクールワイズ

ホーム >  ワイズブログ >  >  スクール紹介(武蔵浦和)

スクール紹介(武蔵浦和)

今回は、アフタースクールワイズ武蔵浦和の様子をご紹介します。

 

「こんにちは~!」
いろんな小学校からワイズに入室する子どもたち。
「こんにちは~!」と元気な声が響いてきます。

 

15時ごろといえばおやつの時間ですが、ワイズでは先ず宿題に取り組む「学習タイム」から始まります。

 

私たちスタッフが声をかけなくても、子どもたちが自ら学習道具をランドセルから出し、学習部屋に移動する習慣がついています。

 

低学年の子どもたちの日々の宿題は、音読、計算カード、計算・ひらがな・漢字のプリントが主な内容です。

 

音読も、計算カードもワイズで終わらせます。
ひらがな・漢字の宿題は、ただ終わらせるだけではなく、よりきれいに仕上げられるように指導をしています。

 

「ちょっと曲がってるから、書き直す!」
チューターから繰り返し指導されることで、子どもが自ら自分の書いた字を見直す習慣がついていきます。

 

宿題が終わると、お楽しみのおやつの時間です♪
おやつを食べた後は、16時半から探究クラスの時間が始まります。

 

探究クラスを受講する子どもたちは、クラス開始時刻前までに探究クラス用の部屋に移動し、クラスの受講がない子どもたちは、ワイズのお預かりスペースの中で遊具で遊んだり読書をしたりと自由な時間を過ごします。

その中でも、ワイズ武蔵浦和では探究クラスの1つである「そろタッチ」の練習に励んでいる子がとてもたくさんいます!

 

そろタッチとは、iPad®を用いてそろばんの学習ができるアプリのことです。
探究クラス以外でも、宿題が終わっていれば随時iPad®を使用して個人の練習パートを進めることができます。

 

ワイズ武蔵浦和では毎日一定の時間を取り、そろタッチの練習ができるように推奨してきました。

預かり部屋の専用スペースでは、黙々とそろタッチに取り組む姿が見られます。

 

そろタッチにはランキング機能があり、ワイズでは全スクールでのランキングを毎月発表しています。
ワイズ武蔵浦和ではスクールの内のクリア数を集計し、毎月のワイズタイムにて表彰をしています。

 

「たくさん表彰状もらえた!」

満面の笑みですね!

次回は誰がランクインするでしょうか?