探究心を育む、新しい学童保育 アフタースクールワイズ

ホーム >  ワイズブログ > スクール紹介

スクール紹介 一覧

スクール紹介(東京スカイツリータウン)

今回はワイズ東京スカイツリータウンの一日の流れを、子どもたちの様子とともににご紹介します。

ワイズ東京スカイツリータウンでは、主に墨田区の小学校にお迎えに行っています。

ワイズへ来ると、みんなすぐに手洗いうがいをし風邪に備えます。
手洗いうがいの習慣が身につき、インフルエンザが猛威をふるう今の時期も元気に過ごせています。

入室後、宿題にとりかかるのがワイズのルールですが、東京スカイツリータウンの子どもたちは本当に静かに集中して、宿題に取り組めているのが自慢です!

ワイズタイムというホームルームのような会があります。色々な小学校、学年の子どもたちでその時間を使って交流を深めたり、チューターから探究心を育むようなお話をします。みんなその時間が楽しみで、自発的に集合してくれます。

そしてお楽しみの自由時間♪

男の子にも女の子にも「レゴ」が人気です。
電車を作って走らせたり、家を作ったり、コマを作って戦わせたりしています。

 

自由時間と同時間帯に探究クラスも実施しています。

探究クラス(アート・クラフト)に、とても集中して取り組んでいます。

 

「そろタッチ」は、そろばんの代わりにiPad®を使ったイメージ暗算の授業です。
1年生には、授業以外でも4月から毎日欠かさずそろタッチに取り組んでいる子どもたちがたくさんいます。

ワイズ全体の受講者を対象にしたランキングでも「毎日続けている子」ということで東京スカイツリータウンの子どもたちが1位にランクインしています!周りのみんなのお手本です!

 

「図形・パズル」のクラスでは、図形を7分野に分けた難易度別のテキストに挑戦しています。


中には小学4・5年生が解くような問題があり、「1年生には難しいのでは・・・?」 と感じることもありますが、そんなことありません!

iPad®で動画を見ながら、様々な角度から図形を理解することができます。
2年生も、すらすらと楽しそうに解いていきます。
問題を解くだけではなく、ゲームやパズルなどに触れることで、五感を使っての図形・パズルの分野学習を「楽しい!もっとやってみたい!」と感じてくれること間違いなしです!

 

子どもたちが楽しく過ごし、一日があっという間に感じられるスクールです。
是非一度、ワイズ東京スカイツリータウンに足を運んでみてください!

スクール紹介(調布)

今回は、ワイズ調布の様子をご紹介します。
ワイズ調布は調布駅から徒歩3分。保護者の方にとって夜のお迎えがとても便利なスクールです。

調布では、探究クラスの「暗算教室そろタッチ」が大人気です!
お友達同士で励まし合ったり競争したりと、毎日自主的に練習をする子も多く、めきめき上達しています。

個人ミッションの時間は黙々と問題にチャレンジします。
そして特に盛り上がるのが、クラスが一番団結するリレーの時間です。一位を目指してみんなで頑張ります☆

 

また、自由遊びの時間には木製パズルを積み上げて、クリエイティブな作品をつくっています。
今回はみんなで協力して大きな塔を作りました。倒さないようにみんなでドキドキしながら頑張りました!

 

他には、レゴブロックもみんな大好きです。
毎日、大きな作品やびっくりするようなしくみの作品が出来るので、「今日はどんなものを作るのかな?」と楽しみです♪

 

今回は、そろタッチやワイズ調布で人気の遊びをご紹介しましたが、他にも子どもたちが熱中していることはたくさんあります♪
今後も、子どもたちが楽しく自由時間を過ごしたり、集中して探究クラスに取り組める環境を提供していきます!

スクール紹介(鹿島田)

今回は、ワイズ鹿島田1号館・2号館で大流行していることをご紹介します。

宿題やおやつの後の自由時間では『将棋』や『オセロ』などのボードゲームが大流行しています!
毎日、大人顔負けの内容で熱戦が繰り広げられています!

 

探究クラスでは「子ども英語教室レプトン」が大人気です。
クラス開始時刻の数分前には、入室を今か今かと待っている子どもたちの姿が見られます。
学習ルームに入室するとすぐに自分でレプトンCD用の機器を用意して、レッスンを少しでも早く受けようとしている姿勢が大変素晴らしいです!

 

毎回のレッスンでもらえるステッカーを集めて、ついにペンケースをGET!

 

今回は、ボードゲームやレプトンの紹介でしたが、他にも子どもたちが熱中していることはたくさんあります♪
今後も子どもたちが楽しく自由時間を過ごしたり、集中して探究クラスに取り組める環境を提供していきます!

スクール紹介(武蔵浦和)

今回は、アフタースクールワイズ武蔵浦和の様子をご紹介します。

 

「こんにちは~!」
いろんな小学校からワイズに入室する子どもたち。
「こんにちは~!」と元気な声が響いてきます。

 

15時ごろといえばおやつの時間ですが、ワイズでは先ず宿題に取り組む「学習タイム」から始まります。

 

私たちスタッフが声をかけなくても、子どもたちが自ら学習道具をランドセルから出し、学習部屋に移動する習慣がついています。

 

低学年の子どもたちの日々の宿題は、音読、計算カード、計算・ひらがな・漢字のプリントが主な内容です。

 

音読も、計算カードもワイズで終わらせます。
ひらがな・漢字の宿題は、ただ終わらせるだけではなく、よりきれいに仕上げられるように指導をしています。

 

「ちょっと曲がってるから、書き直す!」
チューターから繰り返し指導されることで、子どもが自ら自分の書いた字を見直す習慣がついていきます。

 

宿題が終わると、お楽しみのおやつの時間です♪
おやつを食べた後は、16時半から探究クラスの時間が始まります。

 

探究クラスを受講する子どもたちは、クラス開始時刻前までに探究クラス用の部屋に移動し、クラスの受講がない子どもたちは、ワイズのお預かりスペースの中で遊具で遊んだり読書をしたりと自由な時間を過ごします。

その中でも、ワイズ武蔵浦和では探究クラスの1つである「そろタッチ」の練習に励んでいる子がとてもたくさんいます!

 

そろタッチとは、iPad®を用いてそろばんの学習ができるアプリのことです。
探究クラス以外でも、宿題が終わっていれば随時iPad®を使用して個人の練習パートを進めることができます。

 

ワイズ武蔵浦和では毎日一定の時間を取り、そろタッチの練習ができるように推奨してきました。

預かり部屋の専用スペースでは、黙々とそろタッチに取り組む姿が見られます。

 

そろタッチにはランキング機能があり、ワイズでは全スクールでのランキングを毎月発表しています。
ワイズ武蔵浦和ではスクールの内のクリア数を集計し、毎月のワイズタイムにて表彰をしています。

 

「たくさん表彰状もらえた!」

満面の笑みですね!

次回は誰がランクインするでしょうか?